労働保険に関して

社員がもらう給与の控除枠には労災保険料が含まれています。労災保険とは労災保険と雇用保険の2つが設けられています。労災保険は健康保険と同じように怪我や病気に対して支払われる給付金であるが、健康保険との違いは時間内業務という条件、つまり働いているときに起こった病気や怪我を対象としております。

 

これは通勤中に発生したモノに対しても、対象となっており、その際は自己負担金は200円となっているが、その他においては全額会社負担となっています。また健康診断中に異常が見つかった場合、二次健康診断の費用も負担する形になっています。また雇用保険については失業保険と別名で呼ばれており、労働者が次の就職を見つけるのに必要な費用を支給する保険になっています。また失業以外でも介護・育児・スキルアップのための給付金も支払う形にもなっています。


このページの先頭へ戻る